鏡を見る男性

気になり始めたらまず診察

鏡を見る男性

薄毛治療は、専門機関でなくても近くの皮膚科でも十分な治療をすることが出来ます。特にAGA治療では有効な薬を飲むだけでも効果が期待できます。また、近くの皮膚科なら交通費もそれほど必要なく、お手軽なお金で効果的な治療をすることが出来ます。

Read More...

男性ホルモンと抜け毛

男性

脱毛症の原因

脱毛症になる原因はさまざまで頭皮環境が悪化することやストレスによっても発生します。このため脱毛症ではないものの薄毛が気になってきた場合には頭皮環境や生活習慣の改善をすることによって薄毛を解消することが可能です。このため一般に市販されている育毛剤でも十分に効果があります。しかし、一方で長年の研究により男性ホルモンが脱毛症に影響していることが分かっています。これは男性ホルモンが影響して発毛サイクルを乱れさせるというもので、一般的に言われるハゲるにはまだ年齢的にはやい若ハゲの原因となるものです。AGAとも呼ばれるもので、これらの治療においてはこの男性ホルモンを抑制するためにプロペシアなどによる投薬治療が行なわれます。

投薬による治療

プロペシアは男性ホルモンに作用する薬で、有効成分としてフィナステリドを含んでいます。プロペシアの働きとしては男性ホルモンのテストステロンがDHTへ変換する酵素の働きを阻害するというものです。DHTは発毛サイクルを阻害する物質であり、これらを抑制することで脱毛の進行を食い止めることができます。あくまでも進行を食い止めるだけの作用しかありませんが、発毛サイクルが正常に戻ることで発毛効果も得られることができます。一方で、プロペシアには副作用があるので注意が必要です。もともとフィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺癌などの治療に使われてきた薬として開発されたものになります。具体的な副作用の例としては、胃部不快感や性欲減退などです。特に副作用として懸念されるのが性欲減退であり場合によっては勃起不全などのEDを引き起こす可能性があります。また頻度は低いものの肝機能障害が出る副作用も報告されており、服用するさいには医師の経過観察が重要になります。男性らしさ全開の薬とも言えるでしょう。

薄毛対策は男女で差がある

薬品

薄毛の原因は男女で異なります。男性の場合には、男性ホルモンの分泌によるとされていますが、女性では、ストレスやダイエットなどが原因となることが多いそうです。薄毛対策に使用する育毛剤には、色々なタイプがありますが、男性、女性それぞれ合ったタイプのものを使います。

Read More...

髪に悩みと日頃のケア

髪を触る男性

発毛のための治療を行う際には、まず髪の状態悪化を防ぐための工夫を行う事でより効果的な治療を行える可能性もあり得ます。病院などを利用される際には皮膚科などを利用すると良い場合もあり得ますが、利用する前に問い合わせてみると良いかもしれません。

Read More...